iPhoneの種類は?その機能や進化について

iPhoneの種類

iPhoneにはさまざまな種類があります。iPhoneが発売されたのは2007年で、今までに18種類ものiPhoneが発売されてきました。2007年から2017年までに18回もの進化を経てきたiPhoneですが、どんな種類があるのでしょうか。

まず、2007年に初めて販売されたものは「iPhone」です。背面は酸化皮膜処理されたアルミニウム製です。2008年、2009年に販売されたものは「iPhone3G」。そして2009年には、「iPhone3GS」。背面はプラスチック製で、Appleロゴに明るい光沢ができました。2010年は「iPhone4」前面と背面が平らでガラス製になりました。2011年に進化系の「iPhone4s」が発売され、GB数が64GBまで上がりました。2012年は「iPhone5」前面は平らでガラス製。背面は酸化皮膜処理されたアルミニウム製です。翌年2013年には「iPhone5c」が発売。前面は平らでガラス製。背面はハードコーティングされたプラスチック製です。いろいろな色が増えました。同年に「iPhone5s」ホームボタンにTouch IDが加わり、指紋認証で開くことができるようになりました。2014年には「iPhone6」そして「iPhone6Plus」が発売。5.5インチの大画面になりました。2015年は「iPhone6sPlus」、同年に「iPhone6s」も販売されました。2016年には「iPhoneSE」が発売。128GBまで上がりました。同年にはさらに「iPhone7Plus」と「iPhone7」、2017年は「iPhone8Plus」「iPhone8」そして、現在最新の「iPhoneX」。顔認証機能が付き、ホームボタンが無くなりました。

このようにiPhoneはさまざまな種類があり、年々進化をしています。

 

links

トップページiPhoneの種類さまざまな機能進化するiPhoneリンク集サイトマップ